妻と別れたいと思ったキッカケ

妻と別れたいと思ったキッカケ

一生大事にするから、幸せにするからという話をしたのも今は昔。
ふとした時に出る妻の気遣いが足りない言動の積み重ねや様々な理由から離婚を考えるようになるのです。
妻との夫婦関係は一生続くと思っていたのに、ちょっとした出来事の連続や何度注意しても改善されないなどの不満から離婚したいと考えるようになるのです。
弊社にお問い合わせ頂いたご相談内容で妻と別れたい、妻と離婚したいと思われたキッカケをご紹介致します。

家事をしない

専業主婦なのに色々な理由をつけて家事をしない。家の中が常に汚い。料理をせずにコンビニ弁当や惣菜などで食事を済ませようとする。

浪費家である

高級ブランドのバッグや洋服を購入したり、友人との食事会や飲み会と称して高級店で飲食をする。
近所の奥さんに負けたくないという理由で高価なものを買ってしまう癖がある。

浮気癖がある

出会い系サイトやネットゲームで知り合った人と深い関係になってしまったり、ママ友の誘いを断れずに合コンに参加するなど。

女性としての魅力がない

結婚した当時はきちんと化粧をして、外出する時の服装も気遣っていたが結婚生活が長くなるにつれて無頓着になった妻に対して魅力を感じなくなってしまった。

妻の実家との折り合いが悪い

ちょっとした夫婦喧嘩ですぐに実家に帰る妻と一方的に妻の意見だけを聞いて実家に帰ってきた妻の味方をする義父義母との関係悪化から別れたい。

好きな人ができた。

妻にはない魅力を持った女性と出会い魅力を感じるようになった。また自分を一人の男性として見てくれる女性が現れ不倫関係が始まる。そういった状況から妻と別れたい、離婚したいと思われるケースは非常に多くなっております。

セックスレス

奥さんを抱きたいと思いアプローチするが拒否されてしまう。
またそういった行為自体が好きではないと言われてしまう。
男性の生理的欲求、愛情の確認行為としてセックスは有効な手段だと言えますが、その行為を拒否されることによって夫としての存在意義を見い出せなくなってしまうケースは多くございます。

育児、教育方針の違い

子供の教育に熱心過ぎる。
父親のようにならないでと子供を鼓舞する。
子どもの教育に対して湯水のようにお金を使う。
など様々な理由や状況によって妻と別れたい、離婚したいと考えるようになるのです。
しかし妻と別れるためには乗り越えなければならない多くの障害が存在しています。
まずは奥様が離婚に同意するか否かという点から考え、親権、養育費、財産分与、世間体などの問題が山積しているのです。
実際には婚姻関係を継続し難い重大な理由がなければ、法的に離婚がスムーズに離婚することはできません。
明確な離婚理由の主なものは、

  • 生活に不必要な借金
  • 不貞行為
  • DVなどの暴力行為
  • 治る見込みがない重度の精神障害
  • 悪意の遺棄(生活費を渡さない、勝手に別居するなど)となります。

スムーズに妻と別れたい、妻と離婚したいとお考えの方にミッションエージェントでは別れさせ屋工作という恋愛工作をご提案させて頂いております。

別れたい奥様の状況やご家族の事を教えて下さい

別れたい奥様の状況やご家族の事を教えて下さい
  • お子さんのいないご夫婦。
  • お子さんのいるご夫婦。
  • 妻が単身赴任中。
  • 別居中。
  • どちらかの親御さんと同居。
  • 離婚調停や裁判中。
  • 所在が不明。
  • 再婚同士など

婚姻期間、お子さんの有無や奥様の職種、現在のご夫婦の関係性などによって状況や性質が異なるため、別れさせ屋工作を行うにあたっての難易度が変わってまいります。
一つ一つのご相談やご依頼頂いた案件の状況に最適な工作方法を考え、ご提案させて頂きますので、これまでの経緯も含めてなるべく詳細にお知らせ頂ければ幸いです。

妻と上手く別れる方法、妻と離婚する方法

妻と上手く別れる方法、妻と離婚する方法

まず別れさせ屋工作に関わる登場人物をご紹介させて頂きます。

  • 依頼者様(妻と別れるための別れさせ屋工作をご依頼頂いたご主人。)
  • 対象者(奥様。)
  • 相談員(依頼者様のお悩みを伺い、工作の流れのご説明や難易度の選定などを行います。)
  • 担当員(依頼者様の案件の責任者・工作のスケジュール管理やスタッフへの指示、依頼者様へのご報告を行います。)
  • 調査員(奥様の行動パターンの調査を行い担当員に報告致します。)
  • 工作員(奥様へ実際に接触を行い恋愛関係を構築するスタッフ。)

別れさせ屋工作とは男性性工作員が奥様に接触を行い、恋愛関係を構築して奥様から依頼者様に別れを告げてもらうことがスムーズな別れ方であると言えます。
しかし、奥様の性格によっては男性工作員と関係を持ちながらも依頼者様との夫婦関係も継続していくケースも多くございます。
そういった場合は奥様と男性工作員との関係が依頼者様にバレてしまうような工作を行い、離婚するための理由を作ることを演出するのが一般的な別れさせ屋工作となります。

また奥様が専業主婦であったり男性経験が少ない場合、最初から男性工作員を接触させることによって警戒心を植え付けてしまう可能性がございます。
その為、まず女性工作員が接触を行い、友人関係を構築した上で男性工作員を紹介するという流れになるケースもございます。

妻と別れたい、妻と離婚したい|別れさせ屋工作までの流れ

夫と別れたい

①依頼者様とのご面談・ご契約

  • これまでの経緯や現在の状況などお伺いさせて頂きます。
  • ご契約書を作成させて頂くと共に奥様の情報(勤務先情報、趣味・嗜好・好みのタイプなど)をお伺いさせて頂きます。

ご契約後に依頼者様の案件の責任者となる担当員が選任されます。

②奥様の行動パターンを把握するための調査(事前調査)

工作員を接触させるにあたって、どのポイントで接触するのが効果的であるか、また警戒されづらいかなどを決める為に奥様の行動パターンや立ち寄り先を調査してまいります。
調査員は調査結果を担当員に報告して、担当員はその結果を受けて接触の方法やポイントを決めてまいります。

③工作員による接触

事前調査によって決められた接触方法やポイントに工作員を配置して、奥様への接触を開始致します。
最初はキッカケ作りとして、工作員の存在を認識してもらうような接触を行い最初の目標である奥様と連絡先の交換を目指してまいります。
複数回の接触を経て連絡先の交換ができなかった場合は、別の工作員を別のポイントで接触させて連絡先の交換を目指します。
連絡先の交換ができた工作員は、メールや電話、LINEなどを駆使して会う約束を取り付け、デートを重ねて親密度を深めてまいります。

④工作の仕上げ

奥様と男性工作員の関係が深まっていきますと工作の最終的な局面を迎えます。
前述したように奥様からご主人である依頼者様に離婚したいという話をしてくれればスムーズに離婚が成立致しますが、依頼者様と男性工作員の両方と関係を続ける状態になった場合は、奥様と男性工作員の関係が依頼者様にバレてしまうという状況を作らなければなりません。

奥様の浮気が依頼者様にバレてしまう方法としては・・・。

  • 奥様と男性工作員が一緒にいる場面に依頼者様が接触を行う。
  • 奥様と依頼者様が一緒にいる場面に男性工作員が接触を行う。
  • 奥様の行動が最近おかしいと思われた依頼者様が興信所に依頼して浮気調査をしてみたら特定の男性と深い関係になっている事が判明したという状況を作るために興信所がつくるようなご報告書をお渡しする。など

その方法は様々です。
最終的に奥様と男性工作員の関係が依頼者様にバレてしまう工作を行う前に、バレる方法を依頼者様と担当員で打ち合わせ致します。

⑤アフターフォロー

依頼者様が奥様と別れることができた後に、男性工作員が急に奥様の前からいなくなってしまうと、奥様は騙されたという意識になってしまう可能性がございます。
その為、男性工作員は工作終了後も2~3ヶ月ほどは連絡を取り合ったり、現場が近くにあれば会いに行ったりしながら段々と消えていかなければならないのです。

妻と別れるための注意点

妻と別れるための注意点

妻と別れたい、離婚したいというようなご自身が別れたい案件は、別れる当事者である依頼者様のご協力や別れるための強い意思が不可欠です。
長年連れ添った妻だから、子供のためにもという情に流されてしまうと、奥様と離婚することはできません。その為、別れさせ屋工作を実施している期間は担当員から奥様への接し方のアドバイスや最終的に別れ話をされる際の進め方をアドバイスさせて頂いております。
妻が浮気をしていたという落ち度を元に別れを進める場合は、浮気された被害者としてその事実を的確に突いて離婚の話を進めなければなりません。
別れる奥様には強い気持ちで臨まなければなりません。
情けを掛けて別れ話が中途半端になることや、話を先延ばしにすることによって、奥様にまだ脈がある、押せば元の関係に戻れると思われてしまい結局離婚できなくなってしまうのです。
いかに自分は妻に浮気された被害者だという役になりきれるかということが最も重要となるのです。
もちろん最終的な別れ話をされる前に綿密な打ち合わせを行いますのでご安心下さい。
妻と別れたい、奥様と離婚したいお悩みの方はお気軽にご相談頂ければ幸いです。

電話でのお問い合わせ

0120-0783-49 24時間365日年中無休で相談受付 CALL
電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ