同棲相手と別れたいと思ったきっかけ

同棲相手と別れたいと思ったきっかけ

寝起きを共にしてラブラブだった同棲相手と別れたいと思われるキッカケは数多くございます。

二人の関係がマンネリ化してきた

同棲を開始した当時はお互いを尊重して、気遣いながら生活していたのに、関係が長くなるにつれて悪い意味で一緒にいて当たり前、感謝もしないという状況となり、同棲を続ける意味がわからなくなってしまった。

同棲してみたら嫌な部分ばかり見えてきた

別々に住んでいた時には見えなかった嫌な部分が生活を共にすることによって見えてきたので別れたい。

結婚相手に向かない

結婚を前提に同棲してみたものの嫌な部分が多く、未来を感じることができなかったので別れたい。

転勤

勤務先から転勤の辞令があったのでそのタイミングで別れたい。

好きな人ができた

別に好きな人ができたので同棲を解消したい。

束縛がひどい

同棲相手から束縛がひどくて息が詰まるので別れたい。

一人で過ごす時間が欲しい

同棲相手との生活をすることによって一人で過ごす時間が全く持てなくなったので別れたい。など

上記した様々な理由が元で別れ話をされて同棲相手が別れを受け入れてくれるのであれば、同棲関係はスムーズに解消されますが、生活基盤を共にしている同棲関係だからこそ簡単に別れることができない状況になってしまうケースが多いのです。
悪い部分を直すからもう少し見ていて欲しいと言われたり、別れ話をされた同棲相手が感情的になって依頼者様に当たり散らし恐怖を感じてしまったケース、別れるなら死ぬと言って自殺未遂を繰り返すケース、別れるなら慰謝料を請求すると脅されるなど別れたいのに別れ話ができない状況になり得るのです。
同棲関係を経て結婚される方が多くいらっしゃいますが、結婚を意識するからこそシビアに同棲相手を評価しなければならないのです。
ラブラブだった頃に許せていた些細な出来事が許せなくなる、同棲中不満に思っていた事がどんどんひどくなっていくという状況はよくあります。
結婚してからその不満を爆発させると、もっと大事となり別れることが困難になってしまうのです。
別れたいのに別れられない、同棲を解消したいという悩みをお持ちの方にミッションエージェントでは別れさせ屋工作によって解決方法をご提案させて頂いております。

同棲相手と上手く別れる方法、同棲を解消する方法

同棲相手と上手く別れる方法、同棲を解消する方法

まず別れさせ屋工作に関わる登場人物をご紹介させて頂きます。

  • 依頼者様(ご依頼頂いたお客様で悩みを解消されたい。)
  • 対象者(同棲相手、別れを受け入れてくれない、依頼者様から別れ話しづらい。)
  • 相談員(依頼者様のお悩みを伺い、工作の流れのご説明や難易度の選定などを行います。)
  • 担当員(依頼者様の案件の責任者・工作のスケジュール管理やスタッフへの指示、依頼者様へのご報告を行います。)
  • 調査員(対象となる同棲相手の行動パターンの調査を行い担当員に報告致します。)
  • 工作員(対象となる同棲相手へ接触を行うスタッフ。)

別れさせ屋工作とは工作員が同棲相手に接触を行い、恋愛関係を構築して同棲相手から依頼者様に別れを告げてもらうことが理想的な展開となります。
しかし、同棲相手の性格によっては工作員と関係を持ったとしても依頼者様との同棲関係も切らないという二股になる場合も多くございます。
そういった場合は工作員と同棲相手の関係が依頼者様にバレてしまうような工作を行い、同棲相手に落ち度を作り、別れ話が出来るだけの状況を演出するのが一般的な別れさせ屋工作となります。

同棲相手と別れたい|別れさせ屋工作までの流れ

同棲相手と別れたいまでの流れ

①依頼者様とのご面談・ご契約

  • これまでの経緯や現在の状況などお伺いさせて頂きます。
  • ご契約書を作成させて頂くと共に対象となる同棲相手の情報(勤務先情報、趣味・嗜好・好みのタイプなど)をお伺いさせて頂きます。

ご契約後に依頼者様の案件の責任者となる担当員が選定されます。

②同棲相手の行動パターンを把握するための調査(事前調査)

工作員を接触させるにあたって、どのポイントで接触するのが効果的であるか、また警戒されづらいかなどを決める為に同棲相手の行動パターンや立ち寄り先を調査してまいります。
調査員は調査結果を担当員に報告して、担当員はその結果を受けて接触の方法やポイントを決めてまいります。

③工作員による接触

事前調査によって決められた接触方法やポイントに工作員を配置して、同棲相手への接触を開始致します。
最初はキッカケ作りとして、工作員の存在を認識してもらうような接触を行い最初の目標である同棲相手との連絡先の交換を目指してまいります。
複数回の接触を経て連絡先の交換ができなかった場合は、別の工作員を別のポイントで接触させて連絡先の交換を目指します。
連絡先の交換ができた工作員は、メールや電話、LINEなどを駆使して会う約束を取り付け、デートを重ねて親密度を深めてまいります。

④工作の仕上げ

同棲相手と工作員の関係が深まっていきますと工作は最終的な局面を迎えます。
前述したように同棲相手から依頼者様に別れ話をしてくれればスムーズな別れが訪れますが、依頼者様と工作員の両方と関係を続ける二股になった場合は、同棲相手と工作員の関係が依頼者様にバレてしまうという状況を作らなければなりません。

工作員と同棲相手の関係が依頼者様にバレてしまう方法としては・・・。

  • 同棲相手と工作員が一緒にいる場面に依頼者様が接触を行う。
  • 同棲相手と依頼者様が一緒にいる場面に工作員が接触を行う。
  • 依頼者様の所に工作員が話をしに来て同棲相手をその場に呼んでもらう。など

その方法は様々です。
最終的な方法を決める前に依頼者様と担当員で打ち合わせを実施致します。

⑤アフターフォロー

同棲相手と依頼者様が別れることができた後に、工作員が急に同棲相手の前からいなくなってしまうと、同棲相手は再び依頼者様へのアプローチを始めてしまう可能性がございます。
その為、工作員は工作終了後も2~3ヶ月ほどは連絡を取り合ったり、現場が近くにあれば会いに行ったりしながら段々と消えていかなければならないのです。

同棲相手と別れるための注意点

同棲相手と別れるための注意点

別れさせ屋工作は「ご自身が別れたい」案件と「第三者同士を別れさせたい」という案件に分類されます。
第三者同士を別れさせたいという案件は、依頼者様が関与されることなく全てお任せ頂く事になりますが、ご自身が別れたいという案件は、別れる当事者である依頼者様のご協力も不可欠であると言えます。
その為、担当員より別れさせ屋工作を実施している期間は同棲相手への接し方のアドバイスや最終的に別れ話をされる際の進め方をアドバイスさせて頂いております。
同棲相手が浮気をしていたという事を落ち度にして別れを進める場合は、その事実を的確に突いて別れを進めなければなりません。
そこに一切の情けが存在してはならないのです。
情けを掛けて別れ話が中途半端になることによって、同棲相手にまだ脈がある、押せば何とかなると思われてしまい結局別れることができなくなってしまうのです。
いかに同棲相手が悪いと思い込み、ご自身の役になりきれるかということが最も重要となるのです。
もちろん最終的な別れ話をされる前に担当員と綿密な打ち合わせを行って頂きますのでご安心下さい。
同棲相手と別れたい、同棲相手と円満に別れたい、同棲を解消したいとお悩みの方はお気軽にご相談頂ければ幸いです。

電話でのお問い合わせ

0120-0783-49 24時間365日年中無休で相談受付 CALL
電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ