円満に別れるための別れさせ屋工作

円満に別れるための別れさせ屋工作

これまでに別れたいのに別れられないというご相談を数多く頂きました。
別れ話をしたけれども受け入れてくれない。
別れ話をすると感情的になり、相手が自傷行為や自殺未遂をするので突き放すことができない。
お二人の関係によっては弱みを握られていて、奥さんや会社に二人の関係をバラすなどの脅迫や、慰謝料を払えと脅されたりするケースもございました。
別れ話は相手に明確な落ち度があったり、別れを納得してもらえるような大義名分がないと受け入れてもらえません。
その大義名分や落ち度を作るのがミッションエージェントが行っている別れさせ屋工作なのです。
別れさせ屋と聞いて、いいイメージを持たれる方は少ないかも知れませんが、2002年の開業より多くの方にご利用頂きました。
ご依頼頂いた案件一つ一つに異なる背景やストーリーがあり、依頼者様によって求められる着地点が異なるのです。
ご依頼される方も対象者も人であるからこそ、事務的にならず、既存のシステムに縛られずに対応しなければならない業態であることを説明させて頂くことは非常に難しいです。
ご自身が別れたい案件というのはなかなか周囲に理解してもらえないケースが多く、深刻な悩みであると捉えられないケースが多いと言えます。
ストーカーを取り締まる機関である警察であってもその対応にバラツキがあり、悲しいことに凶悪事件に繋がってしまったというケースもあるのです。
当事者だからわかる別れたい相手の怖さや不安を、弊社では深く理解し工作案件に取り組んでまいります。

別れさせ屋工作によって円満に別れるための大義名分を作る

別れさせ屋工作によって円満に別れるための大義名分を作る

それではどうすれば円満に別れることができるのかを考えなければなりません。
まず相手が別れを受け入れてもらえるだけの明確な別れの理由が必要となります。
別れたい相手に落ち度があれば、別れ話をされても仕方がないと思わざるを得ません。
その落ち度がお客様が強く別れを求めるための大義名分となるのです。
その落ち度や大義名分を作るのがミッションエージェントが行っている別れさせ屋工作なのです。
うまく別れたいけど、相手を納得させられるだけの理由がない。
自分のせいではなく、相手の落ち度によって別れ話をしたいなどのお悩みの方に別れさせ屋工作が選ばれております。

上手に別れる方法

上手に別れる方法

別れたいお相手(対象者)に接触をするスタッフのことを工作員と呼んでおります。
この工作員が対象者との関係構築に於いて目指すべき点は、対象者と恋愛関係を構築して対象者から依頼者様に別れを告げてもらう点にあります。
対象者から別れ話をしてもらうことが、一番のスムーズな別れ方であると言えるでしょう。
しかしながら対象者の性格によって工作員と関係を結びながらも、依頼者様とも関係を切らないという二股になってしまうケースも多数ございます。
そんな時はどういう状況を対象者に演出すれば依頼者様が対象者に対して強い立場で別れ話を進めることができるのかということを考えなければなりません。
例を挙げますと・・・。

  • 依頼者様が対象者の携帯電話を見て工作員との関係が発覚する。
  • 工作員から依頼者様に連絡が行き、別れて欲しいと言われたという設定にする。
  • 対象者と工作員が一緒にいる場面に依頼者様が接触を行う。
  • 対象者と依頼者様が一緒にいる場面に工作員が接触を行う。
など対象者に依頼者様以外の異性の存在があるということが露見してしまう状況を作ることが一般的な別れさせ屋工作となります。

もちろん工作員は対象者と強引に関係を構築するのではなく、対象者の行動パターンを把握するための調査を行い、どこで接触するのが効果的かをその行動パターンや立ち寄り先の中から考察した上で、別れさせ屋工作の工作員を接触するポイントを見つけて自然な出会いを演出していくのです。
その上で、接触を複数回続けた上で関係を構築し、親密度を上げていき依頼者様に向けられている執着心を工作員側に逸していくのです。

対象者から依頼者様に別れ話がされなかった場合は、対象者と工作員の関係が露見するような工作にシフトしてまいりますが、最終的な工作を行う前に担当員と依頼者様で打ち合わせをして頂き、どういった状況が別れやすい状況なのかのご意見を頂き、そのご意見を工作に反映してまいります。

別れさせ屋工作による別れたい案件の傾向

別れさせ屋工作による別れたい案件の傾向

ご自身が別れたいという案件は、第三者同士を別れさせたいという案件と比べ、最終的に依頼者様に関与して頂かなければならない可能性があると言えます。
そして別れたいという別れさせ屋工作は、別れさせたいという案件と比較して成功確率が高い傾向にございます。
これは別れたいという案件の方が、対象者の情報量やスケジュールが把握しやすく充実している点や、浮気の事実さえあれば、別れ話を告げることができるという方が多いため、成功確率が高いと言えるのです。
別れを受け入れてくれない相手にご自身だけでの力で別れを進めるには限界があります。
どうすれば別れを受け入れてくれるか、別れ話を突きつけられても仕方がないという状況を作らなければならないのです。
相手がすんなり別れ話を受け入れてくれれば、弊社のような存在は必要ございません。
しかし、相手が別れを受け入れてくれないケースや別れ話が拗れてしまうケースが多いからこそ、弊社のような別れさせ屋が存在しているのです。

別れ話の進め方・上手に別れるための注意点

別れ話の進め方・上手に別れるための注意点

相手に納得してもらえる理由から別れ話を行いませんと、逆に別れづらくなってしまうという事態になってしまう事がございます。
その為、別れるための理由を整理して明確に相手に伝えなければならないのです。
ご自身が別れ話をされる側に立ったとき、どういう別れの理由であれば引かざるを得ないのかを考えることがお分かりになりやすいと言えます。

  • 別れの理由は抽象的であってはいけません。
  • まだ見込みがあると思わせてはいけません。
  • 一時的に距離を開けるだけだと思わせてはいけません。
  • 情に流されてはいけません。

また、前日までラブラブだったのに、急に別れ話をすることによって、相手は突然のことに驚き、受け入れることができず感情的な態度をとるケースがあります。
そのため、別れ話をする日をXデーとするならば、そのXデーまでにいくつかの別れのシグナルを出して、関係が破綻しつつあるということを相手に知らせて心の準備をさせなければならないのです。
これは非常に難しい作業であると言えます。
お付き合いしたい相手との関係を構築するために、色々と作戦を考えるように、円満に別れるためにも作戦や計画が必要となるのです。
もちろんミッションエージェントでは別れさせ屋工作行いながらも、依頼者様に別れ話の仕方や別れのシグナルの出し方などのアドバイスを随時実施しておりますのでご安心下さい。

別れさせ屋工作をお考えの方へ

別れさせ屋工作をお考えの方へ

別れたいのに別れてくれない、交際が長くなり情に訴えられる態度を取られると別れ話ができなくなってしまう、純粋に別れ話をするのが怖いなどの悩みをお持ちの方から、多数のご相談を頂いております。
最近はストーカーから発展した痛ましい事件やリベンジポルノなどネット媒体の嫌がらせ事案が多くなり、別れたいと思われても別れ話がしづらい状況の方が多くいらっしゃいます。別れたいけど別れられないという方のために別れさせ屋工作という恋愛工作が存在しているのです。
誰にも相談できない、自分だけ我慢すれば何とかなるという状況は既に健全な恋愛とは言えません。
創業当時より多くの案件を承り、ご依頼頂いた多くの案件で得た経験値と現場で知り得た対象者の行動パターンなどから依頼者様に合った別れさせる方法をご提案させて頂きます。

ミッションエージェントは東京本社、大阪本部を拠点に全国各地で調査工作業務を行っております。
依頼者様からお預かりさせて頂く個人情報や調査の過程に於いて知り得た個人情報を取り扱う性質上、各法令の遵守、守秘義務の徹底を社員教育の柱として掲げ日々業務を行っております。
24時間365日ご相談無料、秘密厳守ですのでお気軽にご相談頂ければ幸いです。
きっと解決の糸口が見つかるはずです。

電話でのお問い合わせ

0120-0783-49 24時間365日年中無休で相談受付 CALL
電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ