夫と別れたいと思ったキッカケ

夫と別れたいと思ったキッカケ

一生の愛を約束したはずの結婚。
皆から祝福された結婚であるはずなのに、夫の心無い言動の積み重ねや様々な理由から離婚を考えるようになるのです。
元々は他人同士として始まった関係なので、全てを理解し受け入れることができないのは当然ですが、蓄積された不満から離婚という選択肢を考えるようになるのです。
弊社にお問い合わせ頂いたご相談内容で夫と別れたい、旦那と別れたいと思われたキッカケをご紹介致します。

借金がある

ギャンブルなどにはまり、生活に不必要な借金を作ってしまった。妻である私にまで借金をさせるような夫に耐えられなくなった。

DVや威圧的な態度が怖い

一緒に生活していく上で恐怖を感じた時点で健全な関係であるとは言えません。妻であるご自身だけでなく、お子さんも守らなければなりませんので身体的な危険をお感じになるのでしたらすぐにお問い合わせ頂くことをお勧め致します。

浮気癖がある

女遊びが好きな人は多く存在します。
浮気をされている妻の立場から見ると自尊心を傷付けられ、一緒に生活することが耐えれないから別れたい。

妻をベビーシッターや家政婦のように見ている

結婚生活が始まった頃は作った料理に対して感想を言ってくれたり、家事を手伝ってくれていたものが、いつしか家事をやって当たり前という態度となり、家事が疎かになると怒るようになったので別れたい。

嫁姑問題

夫の親御さんと同居しなければならない場合や近所に夫の実家がある場合、息子である夫の家庭にいちいち介入してくる舅や姑の存在が厄介になるケースがございます。
いい関係が構築できていれば問題ないが、家事や育児の方法に文句をつけてくる場合も多くございます。
最低でも夫が自分の味方をしてくれるのであれば何とか耐えられるものの、夫は姑の肩を持つので別れたい。
またマザコン夫と子離れができていない姑に嫌気がさしたので別れたいというケースもございます。

結婚後に夫の態度や体型が変わった

結婚する前はとても優しく頼りになる存在に思えたのに、結婚した後に態度が急変。
高圧的な態度をとられたり、妻への関心が薄かったりするのが耐えられない。
話をしたくても、生返事しか帰ってこずに会話にならない。
また結婚後にどんどん太ったり、服装に無頓着になったりすることに耐えられないから別れたい。

セックスレス

私を女性として見て欲しい、好きだという気持ちを体現して欲しいという愛情確認のためにセックスは重要であると言えます。
しかし疲れているから拒否されてしまったり、そんな気になれないと言われてしまう。

価値観や性格の不一致

一番顕著に現れるのはお金の使い道です。
自分の趣味に投じる資金は多いのに家族が使うためのお金には厳しい。
俺が稼いだ金を好きに使って何が悪いという態度なので別れたい。

育児、教育方針の違い

子供の教育に無関心である。
仕事がお休みなのにも関わらず、子供と一緒に遊ぶ時間を作ろうとしない。
子どもの教育にお金を使うことに嫌な顔をする。

転職や退職に伴う経済力の低下

突然夫がリストラにあった。
カッとなって会社を辞めてしまった。
独立して会社を始めて失敗したなどで家族が振り回されて疲れたので別れたい。
など多くの理由や状況によって夫と別れたい、離婚したいと考えるようになるのです。
しかし夫と別れるためには乗り越えなければならない多くの障害が存在しています。
実際には婚姻関係を継続し難い重大な理由がなければ、法的に離婚がスムーズに離婚することはできません。
明確な離婚理由の主なものは、

  • 生活に不必要な借金
  • 不貞行為
  • DVなどの暴力行為
  • 治る見込みがない重度の精神障害
  • 悪意の遺棄(生活費を渡さない、勝手に別居するなど)

まずはご主人が離婚に同意するか否かという点から考え、親権、養育費、財産分与、世間体などの問題が山積しているのです。
スムーズに夫と別れたい、夫と離婚したいとお考えの方にミッションエージェントでは別れさせ屋工作という恋愛工作をご提案させて頂いております。

別れたいご主人の状況やご家族の事を教えて下さい

別れたいご主人の状況やご家族の事を教えて下さい
  • お子さんのいないご夫婦。
  • お子さんのいるご夫婦。
  • 夫が単身赴任中。
  • 別居中。
  • どちらかの親御さんと同居。
  • 離婚調停や裁判中。
  • 所在が不明。
  • 再婚同士など

婚姻期間、お子さんの有無やご主人の職種、現在のご夫婦の関係性などによって状況や性質が異なるため、別れさせ屋工作を行うにあたっての難易度が変わってまいります。
一つ一つのご相談やご依頼頂いた案件の状況に最適な工作方法を考え、ご提案させて頂きますので、これまでの経緯も含めてなるべく詳細にお知らせ頂ければ幸いです。

夫と上手く別れる方法、夫と離婚する方法

夫と上手く別れる方法、夫と離婚する方法

まず別れさせ屋工作に関わる登場人物をご紹介させて頂きます。

  • 依頼者様(夫と別れるための別れさせ屋工作をご依頼頂いた奥様。)
  • 対象者(ご主人。)
  • 相談員(依頼者様のお悩みを伺い、工作の流れのご説明や難易度の選定などを行います。)
  • 担当員(依頼者様の案件の責任者・工作のスケジュール管理やスタッフへの指示、依頼者様へのご報告を行います。)
  • 調査員(ご主人の行動パターンの調査を行い担当員に報告致します。)
  • 工作員(ご主人へ実際に接触を行い恋愛関係を構築する女性スタッフ。)

別れさせ屋工作とは女性工作員がご主人に接触を行い、恋愛関係を構築してご主人から依頼者様に別れを告げてもらうことがスムーズな別れ方であると言えます。
しかし、ご主人の性格によっては女性工作員と関係を持ちながらも依頼者様との夫婦関係も継続していくケースも多くございます。
そういった場合はご主人と女性工作員との関係が依頼者様にバレてしまうような工作を行い、離婚するための理由を作ることを演出するのが一般的な別れさせ屋工作となります。

夫と別れたい|別れさせ屋工作までの流れ

夫と別れたい

①依頼者様とのご面談・ご契約

  • これまでの経緯や現在の状況などお伺いさせて頂きます。
  • ご契約書を作成させて頂くと共に夫の情報(勤務先情報、趣味・嗜好・好みのタイプなど)をお伺いさせて頂きます。

ご契約後に依頼者様の案件の責任者となる担当員が選任されます。

②夫の行動パターンを把握するための調査(事前調査)

工作員を接触させるにあたって、どのポイントで接触するのが効果的であるか、また警戒されづらいかなどを決める為に夫の行動パターンや立ち寄り先を調査してまいります。
調査員は調査結果を担当員に報告して、担当員はその結果を受けて接触の方法やポイントを決めてまいります。

③工作員による接触

事前調査によって決められた接触方法やポイントに工作員を配置して、夫への接触を開始致します。
最初はキッカケ作りとして、工作員の存在を認識してもらうような接触を行い最初の目標である夫と連絡先の交換を目指してまいります。
複数回の接触を経て連絡先の交換ができなかった場合は、別の工作員を別のポイントで接触させて連絡先の交換を目指します。
連絡先の交換ができた工作員は、メールや電話、LINEなどを駆使して会う約束を取り付け、デートを重ねて親密度を深めてまいります。

④工作の仕上げ

夫と女性工作員の関係が深まっていきますと工作の最終的な局面を迎えます。
前述したように夫から奥様である依頼者様に離婚したいという話をしてくれればスムーズに離婚が成立致しますが、依頼者様と女性工作員の両方と関係を続ける状態になった場合は、夫と女性工作員の関係が依頼者様にバレてしまうという状況を作らなければなりません。

夫の浮気が依頼者様にバレてしまう方法としては・・・。

  • 夫と女性工作員が一緒にいる場面に依頼者様が接触を行う。
  • 夫と依頼者様が一緒にいる場面に女性工作員が接触を行う。
  • 夫の行動が最近おかしいと思われた依頼者様が興信所に依頼して浮気調査をしてみたら特定の女性と深い関係になっている事が判明したという状況を作るために興信所がつくるようなご報告書をお渡しする。など

その方法は様々です。
最終的に夫と女性工作員の関係が依頼者様にバレてしまう工作を行う前に、バレる方法を依頼者様と担当員で打ち合わせ致します。

⑤アフターフォロー

依頼者様がご主人と別れることができた後に、女性工作員が急にご主人の前からいなくなってしまうと、ご主人は誰かにハメられたという意識が芽生えてしまう可能性がございます。
その為、女性工作員は工作終了後も2~3ヶ月ほどは連絡を取り合ったり、現場が近くにあれば会いに行ったりしながら段々と消えていかなければならないのです。

夫と別れるための注意点

夫と別れるための注意点

夫と別れたい、離婚したいというようなご自身が別れたい案件は、別れる当事者である依頼者様のご協力や別れるための強い意思が不可欠であると言えます。
長年連れ添った夫だからという情に流されてしまうと、ご主人と離婚することはできません。その為、別れさせ屋工作を実施している期間は担当員からご主人への接し方のアドバイスや最終的に別れ話をされる際の進め方をアドバイスさせて頂いております。
夫が浮気をしていたという事を落ち度にして別れを進める場合は、浮気された被害者としてその事実を的確に突いて離婚の話を進めなければなりません。
別れるご主人には強い気持ちで臨まなければなりません。
情けを掛けて別れ話が中途半端になることや、話を先延ばしにすることによって、夫はまだ脈がある、押せば元の関係に戻れると思われてしまい結局離婚できなくなってしまうのです。
いかに自分は夫に浮気された被害者だという役になりきれるかということが最も重要となるのです。
もちろん最終的な別れ話をされる前に綿密な打ち合わせを行いますのでご安心下さい。
夫と別れたい、旦那と離婚したいお悩みの方はお気軽にご相談頂ければ幸いです。

電話でのお問い合わせ

0120-0783-49 24時間365日年中無休で相談受付 CALL
電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ